ユウカン
ユウ観察日記、略してユウカン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
納戸圏突入
KIF_1288s.jpg 睨み合いの一件以来、ザクが積極的になっているような気がする。攻撃的になったのかも。
 あの一件以来、ジムはグフ専用エサを用意しているのだが、本日はカリカリ+猫缶も用意したのだ。(ザク専用エサにも猫缶をあけてある)
 その猫缶の臭いがしたためか、ザクが最近は入ることがほとんどなかったグフのいる納戸に躊躇せずに突入。グフが食事中のすぐ後ろまでやってきて威嚇し始めた。
 グフはというと、自分専用のエサというのを理解しているらしく、鬼の形相で威嚇し返す。こわっ。
 ともあれ、ザクから納戸にいるグフに近寄っていたのはちょっと前進かも。
 その後、ザクをリラックスさせるためにマタタビ入りのおやつをあげようとしたら激しく猫パンチされた。もうおまえにはやらん。
スポンサーサイト
ジム・ザク包囲網を破れ!
 夜中。
 2匹のうなり声が聞こえてくる。まあ、2匹が仲良くなるきっかけに成るかもしれないと思い、ほっといたのだが、おさまる気配がない。
 仕方がないので、ベットの中からジム出撃。眠いのに。声のする方へ行ってみるとザクのエサ場の近くで2匹がまさににらみ合っていた。その状況から察するに、グフがザクのエサを食べていたらザクにみつかり、ザクが怒っている、という図に見えた。グフとしてはまずいと思い、自分の寝床がある納戸に帰りたいのだが逃げ道をジムにふさがれた格好。3者がにらみ合う構図になった。(いやジムは睨んでないんだけどね)
 3者にらみ合いの均衡を破ったのはザク。その場からリビングの方へ立ち去っていった。その後、ジムも寝室に戻る・・やいなやグフはダッシュで納戸へ。
 ザクの怒りようをみると、やっぱりグフ専用エサをきちんと用意しないといけないなあと反省しきりのジムであった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。